【怪しい?バレる?】WEBテスト代行サービスを使うデメリット | 違法性,おすすめ業者ランキング

【怪しい?バレる?】WEBテスト(SPI)代行サービスを使うデメリット | 違法性,おすすめ業者ランキング

記事監修者:田中 達也(スマート内定編集長

スマート内定編集長 田中達也
今回は、WEBテスト・SPI代行業者サービスについて解説します。就活生のおふたりは、「WEBテスト・SPI代行業者サービス」を知っていますか?
就活女子
いえ、知らなかったです。何かちょっと詐欺とか怪しい感じもするし、不正でバレる?本当にやってくれるのかちょっと不安ですね
就活男子
はい、そういう替え玉のようなサービスがあるのは知ってます。自身がWEBテストがとても苦手なので、非常に便利とは思いますが、企業にバレたりしないのか不安で悩みますね
スマート内定編集長 田中達也
たしかに、ウェブテスト代行業者サービスって利用しても大丈夫なのかな…」と悩む方も多いですよね。特に、ウェブテストやSPIで思うように結果が出なかったり、仕事が忙しくて問題集を解いて対策する時間の余裕が無い転職者は「WEBテスト代行業者サービスを利用してみようかな…」と迷ったりもしますよね。

そこで、今回の記事では、WEBテスト・SPI代行業者サービスを利用するデメリットを解説します。
※記事は現在更新中のため、まずはおすすめランキングから。



目次

そもそもWEBテスト(ウェブテスト)って何?

WEBテストとは、志望企業に就活やインターン、転職をする際に、採用の一つとして設けられている基礎的な学力をはかる慣習の試験です。企業によって導入するテストの種類が変わるため、毎回対策をしなくてはならないところが就活転職非常を苦しめる一因となってますね。。メジャーなところだと、SPI3(ウェブテスティング)や玉手箱(CAB・GAB)などが有名で、過去問や参考書なども多く出回っています。それ以外にも、TG-WEBやeF-1G、アドバンテッジインサイト、CASEC、CUBIC、TRACS(不適正検査スカウター)など、非常に多くの種類があります。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる